シリウスのFTP設定が出来ない!

金払ってますか?って、、、なめてんのか(笑)

ここで何度もいきづまった!

わかってしまえば単純なことだったけど、

サイト量産ツールSIRIUSでエックスサーバーで管理している
ドメインにアップロードして、Web上にサイトを表示させる方法を紹介しときます。

作業手順は3つ

  1. シリウスでエックスサーバーに接続
  2. アップロード先の指定
  3. アップロードの実行

それぞれ解説をしておきます。

XサーバーのFTP設定とアップロード方法

SIRIUSシリウス初心者がこのFTP設定でつまずく人はかなり多いらしい!

ここでは、XサーバーのFTP設定とアップロード方法をご紹介したいと思います。

SIRIUSシリウスでFTPの接続先の設定方法

上部メニューから『設定』 ⇒ 『FTP設定』 をクリックしてください。

FTP接続先一覧が出ますので、『新規設定』 をクリックします。

ここに各サーバーのFTP情報を入力していきます。

この時!※1 FTPユーザー/パスワードはサーバーID/パスワードと同一です。

この言葉に騙される!ID、パスワードなどを変えていたので、てっきりそのパスかと思いきや!違うじゃないか(笑)

ここで、使う情報は最初にメールで送られてきた ↓ これです。

この情報です!

①接続先の名前:好きな名前でOK。

②ホスト名:上記の情報

③ユーザー名:上記の情報

④パスワード:上記の情報

⑤初期フォルダ名:独自ドメインを登録した場合は、
『/ドメイン名/public_html』を入力すると1階層目に接続できます。

申込み後に来た『サーバアカウント設定完了のお知らせ』の中にFTP情報が書かれているなんて、まずFTPが何なのかわからない自分には思い出すことすらできなかった(笑)

エックスサーバーのFTPマニュアルはこちら
エックスサーバーのFTPについて

SIRIUSシリウスでアップロード方法

あとはシリウスで『サイト生成』をクリックして、サイト生成できたら、

⇒ 『アップロードしますか?→はい 』

⇒ 『全てのファイル』をアップロード。

これでホームページ、ウェブサイトの公開が完了です。