シリウスにアドセンスを貼る方法

シリウス(SIRIUS)にアドセンスを貼る方法 

多分、初めてシリウスに導入しようとすると上手く表示されないことが多いと思いますので、やり方を説明しておきます。

 

シリウスでアドセンスを貼るにはnoreturnタグを利用する

 

シリウスでは編集画面に文字列を書くと、デフォルトでは自動で改行される仕様になっています。

 

 

この設定は余程の事情が無い限り変更する事はありません。

 

この状態でそのままアドセンスコードを貼ると、プレビューやサイト生成した際にpタグが自動付加されてしまうので、アドセンスが表示されません。

こういう場合は改行無視エリア(noreturn)タグを付加します

アドセンスコードを選択したら
右クリック > タグ挿入 > 改行無視エリア を選択しましょう。

 

すると、アドセンスコードの上下に<noreturn>タグが付加されます。この「タグの範囲は改行しませんよ」という意味です。アドセンスコードに限らず、ブログパーツやウィジェットなどを導入する際でも、この<noreturn>タグを利用すると解決します。

 

アドセンスをスッキリ表示させたい場合はモジュール設定しよう

アドセンスコードは文字列が長いですし、HTMLコードの中に混ざると判別しづらくなる事があります。

こういう場合はアドセンスコードをモジュール設定してしまうことをお勧めします。

サイト全体設定 > モジュール設定 を選択し、新規追加をクリックします。

モジュール名はわかりやすく「アドセンス記事中」などにしておくといいと思います

アドセンスの上部には

<span style=”font-size:14px” class=”lbg”>スポンサーサイト</span><br/>
<noReturn>
アドセンスコード
<noReturn>

コピペして入れておきましょう!

「改行タグを挿入しない」にチェックを入れていればnoreturnタグを付加する必要はありませんが、シリウスはバージョンアップ時にたまにバグる為、何があっても良いように僕は念のために<noreturn>タグを付加しています。

これでOKをクリック。画面が変わったらもう一度OKをクリック!

 

シリウスの編集画面上で右クリック >モジュールの設定を選択すると、先ほど設定したアドセンスのモジュールが使えるようになります。

モジュール設定を利用することで、アドセンス挿入箇所の表記がこのようにスッキリさせることが出来ます。

以上、シリウスにアドセンスを貼る方法でした。

シリウスでサイトを作るときに絶対最初にやっておく初期設定

シリウスでサイトを作るときに最初にやっておく初期設定です。
 超簡単な設定で、シリウス上位版ではスマホ、携帯、iPhoneサイト自動で作成してくれます。
ただ、大体の人が普通にチェック設定して終わらせているので、
もうワンポイント付け加えておきます。 

シリウスで絶対やっておくべきスマホ設定

 

シリウスの管理画面から「サイトオプション」→「携帯サイト設定」

携帯サイトを同時生成するにチェックを入れて、
テンプレートをサイトに合ったものを選択します。

 

次がポイント!!シリウス初心者さん見落としポイント!

【同一URLで振り分け】(推奨・通常のサーバ用)に設定する!

次に隣のiPhoneの設定もしておきましう。

やることは同じです。

iPhoneサイトを同時生成するにチェックを入れて
テンプレートをサイトに合ったものを選択します。

【同一URLで振り分け】(推奨・通常のサーバ用)に設定する!

以上で設定はおわりです。
これをしておかないと、スマホや携帯で見た時にきちんと表示されない場合があるので最初に設定しておきましょう。

今回は簡単な設定ですが、スマホ用のヘッダーにしたり、アクセス解析を入れたり、いろいろな設定が出来ますので、お好みにあわせて設定してください。

Easy FancyBoxのプラグイン設定をして画像をかっこよく拡大させよう!

Easy FancyBoxとは?

WordPressのプラグイン「Easy FancyBox」を使えば、記事内の画像・サムネイルをクリックしたときに拡大ポップアップ表示させることができます。物販アフィリエイトなどで、商品を拡大させる、あれです。わからない方は上の画像をクリックしてください!

Easy FancyBoxインストール

 

まず「プラグイン」→「新規追加」からEasy FancyBoxを検索しインストールして有効化しましょう。

 

Easy FancyBoxの設定

 

設定画面には「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」を選択して
Easy FancyBox」の設定をクリック!

 

表示の寸法やオーバーレイ、画像の枠の色や周りのデザインをこちらで変更できます。
デフォルトで使っても全く問題ないですが、効果を変更したい方は設定画面で、効果を見なら変更してください。

 

画像に反映させて拡大する方法

 

新規記事作成で画像を「メディアを追加」から記事に貼り付けます。
貼りつけた画像の編集画面を開いてください。

 

編集画面のリンク先を「メディアファイル」に設定して、更新をクリック!

 

Easy FancyBoxは、有効化して画像編集画面からメディアファイルを選択するだけで使えて、
視覚的な効果は大きいです。

 

こんな感じで、画面が強調されます。物販アフィリエイトや、旅ブログ、食べ歩きブログなどの単体商品を目立つように使ってるのをよく見かけますね。

以上でEasy FancyBoxの設定と使い方は終了です。他にもたくさん便利なプラグインを紹介しています。いつもご覧いただきありがとうございます。

 

 

Black Studio TinyMCE Widgetでウィジェットでもビジュアルエディター

Black Studio TinyMCE Widgetとは

Black Studio TinyMCE Widgetは、ウィジェットの中でビジュアルエディターが使えるようになるプラグインです。
通常の場合、ウィジェットにテキストやHTMLを書き込む時に、テキストウィジェットを利用して直接作成します。これが、、このプラグインを利用すると、記事編集画面と同じビジュアルエディタをウィジェットの中で利用できるようになります。ビジュアルエディターからテキストエディタ(HTMLモード)に切り替えることも可能です。

HTMLや画像を貼りつけたりが苦手な方にはすごく便利なプラグインです。

Black Studio TinyMCE Widgetのインストール

 

左の基本画面から「プラグイン」⇒「新規追加
Black Studio TinyMCE Widgetを検索してインストールして有効化しましょう。

有効化するだけでOK

 

プラグインの使い方

 

WordPress管理画面 → 外観 → ウィジェット → ビジュアルエディター

使い方は簡単です。今まではテキストウィジェットでプロフィールやアフィリエイト商品などを作成していたと思いますが、それをビジュアルエディターに変えるだけです。

 

下記画像のように記事編集と同じように作成できますので、HTML作成や画像の添付などが苦手な方は便利に使えると思います。

以上でBlack Studio TinyMCE Widgetの使い方は終了です。

記事作成時のビジュアルエディターを便利にするプラグインの紹介もしていますので気になる方はお読みください。

他にもたくさん便利なプラグインを紹介しています。
いつもご覧いただきありがとうございます。

Jetpack プラグインで複数機能を一気にインストール

Jetpack by WordPress.comとは

Jetpackというプラグインは、WordPress.comが提供している公式のプラグインです。便利な機能をパックにしたもので、沢山の機能が利用できます。ブログサービスで利用可能な機能をインストールタイプのWordPressでも利用できるようにしたもので、数多くの便利な機能をまとめてインストールすることができます。

 

Jetpack by WordPress.comのインストール

 

まず「プラグイン」→「新規追加」からJetpack by WordPress.comを検索しインストールして有効化しましょう。

有効化にした後、WordPress.comと連携が必要です。

 

WordPress.comの連携

 

有効化するとプラグインの画面に変わります。プラグインの画面上部に「Jetpackがもうすぐご利用いいただけます」という表示が現れ、「WordPress.comと連携」というボタンが表示されます。JetpackWordPress.comと連携するのは、WordPress.com APIを利用する必要があるからです。

WordPress.comと連携」をクリック

以下の画面が出てきてWordPress.comアカウントの連携作業に入ります。

 

WordPress.comアカウント接続済の場合 既にWordPress.comアカウントを利用している場合は、
承認ボタンをクリックします。
WordPress.comアカウント作成のみの場合 サイトに接続されてはいないけれど、WordPress.comのアカウントが作成済みの場合はユーザー名とパスワードを入力して、承認ボタンをクリックします。
WordPress.comアカウント未作成の場合 WordPress.comのアカウントを作成していない場合は、アカウントが必要ですか?をクリックし、必要事項を入力します。登録を完了し、承認ボタンをクリックすれば完了です。

 

機能設定

 

承認すると「サイトをジャンプスタート」の画面に切り替わります。
赤枠部分の「スキップ」をクリックして設定画面を開きましょう

 

デフォルトですでに設定されているものもあり、それ以外の機能が見たい方は画面の下の
他27個のJetpack機能を見る」をクリックしてください。

デフォルトの状態で、だいたい必要な設定はしてくれてますので、ブログ、サイトを運営していきながら、この機能はつけておこうとか、アフィリエイト小僧ではContact Form7お問い合わせを使っていますが、「Jetpack」にもコンタクトフォーム(お問い合わせ)がついています。

プラグインの数を減らすために一つにまとめるのも良いと思います。

上記画像で設定するよりも、サイト内で設定する方がわかりやすいので、手順を紹介しておきます。

機能一覧

 

左の基本画面から「Jetpack」⇒「設定」をクリック

画像の赤枠の虫眼鏡クリックするとすべての機能の一覧が出てきます。
日本語で、書かれていますので、サイト、ブログの設定が一通り終わってからゆっくり見ることも出来ます。

以上でJetpackのインストール設定は終了です。

他にもたくさん便利なプラグインを紹介しています。
いつもご覧いただきありがとうございます。

Table of Contents Plusを使って初心者でも簡単に目次を設定

Table of Contents Plusとは

記事の目次を簡単に自動生成してくれるプラグインです。記事の目次が自動で生成されるので、手動で目次を作成して更新したり、アンカーリンクを張る手間が省けますので目次を利用すれば、ブログやサイトに訪問した方が記事の内容を把握しやすく、見た目的にもよくなる為記事を読み進めやすくなります。

Table of Contents Plusのインストール方法

 

左の基本画面から「プラグイン」⇒「新規追加
Table of Contents Plusを検索してインストールして有効化しましょう。

 

Table of Contents Plusの設定

 

Table of Contents Plusで目次を自動生成するには記事の中に必ずh1~h6までの見出しを、作成する必要があります。

設定からTOC+をクリックして設定をしていきましょう。
Table of Contents Plusはサイトマップも作れます。当ブログではPS Auto sitmapを使っていますので、ここでは設定方法だけお伝えします。

 

表示する場所と条件

 

目次をどこに表示するか、表示させる条件を選びましょう

  • 最初の見出しの前
  • 最初の見出しの後
  • トップ
  • ボトム

目次を表示させる条件です。見出しが何個以上ある時に目次を表示させることが出来ます。
当ブログは3個以上にしています。

 

投稿タイプの選択

 

目次を表示させたい投稿タイプを選択しましょう。

項目 説明
post 通常の投稿記事
page 固定ページ
custom_css カスタムcss
customize_changeset カスタマイズチェンジセット
wpcf7_contact_form 問い合わせフォーム

当ブログは通常記事にしています。

 

見出しテキスト

目次のタイトルを設定します。

項目 詳細説明
目次の上にタイトルを表示 目次のタイトル。「目次」とするのが一般的です。
ユーザーによる目次の表示・非表示を切り替えを許可 チェックを入れると目次の開閉ができるようになり、許可しておくのが良いです。
テキストを表示 目次を開くリンクの名前を設定します。
テキストを非表示 目次を閉じるリンクの名前を設定します。
最初は目次を非表示 チェックを入れると最初は目次が非表示となります。好みで変えましょう。

いつでも変更はできますので、自分のブログにあった文言を入れるといいと思います。
物語のブログなどは、目次タイトルが「エピソード」に変えてあったりするのを見かけます。

画像は当ブログの設定です。

 

階層表示・番号振り・スムーズ・スクロール効果

項目 詳細説明
階層表示 目次の階層を表示するか設定します。目次は階層を表示させた方が断然見やすいですチェックでOK
番号振り 目次の階層に沿った番号を自動で入れてくれます。チェックでOK
スムーズ・スクロール効果を有効化 目次をクリックしたときに「ジャンプ形式」か「スクロール形式」か選べます。お好みでかまわないと思います。

 

外観設定

 

外観の設定はデフォルトのままがいいと思います。

 

プレゼンテーション

 

こちらはデザインの選択ですので、ブログに合ったデザインを選びましょう。

以上でTable of Contents Plusの基本設定は終わりです。「設定を更新」でOKです。

このままでも使えますが、さらに突っ込んだ設定がしたい方は「上級者向け」に進んで設定しましょう。

上級者向け

Table of Contents Plusは、日本語対応しており、上級者向けの説明も分かりやすく書いてありますが、一般的に変更するのは「見出しレベル」が多いです。
表示する見出しが多すぎると、目次のページが大きくなりすぎるので、記事の書き方や、ブログ方針により違いますので、ご自分のブログの目次を一度確認してから設定するのがいいと思います。

当ブログはデフォルト(最初)のまま使ってます。

サイトマップ

Table of Contents Plusでは目次だけでなく、サイトマップも自動生成することができます。

やり方は簡単で、サイトマップを表示させたい場所に[sitemap]と記述をすればOKです。

サイトマップに関する設定はTable of Contents Plus設定画面のサイトマップより行うことができます。

Table of Contents Plusのサイトマップでもいいのですが、デザイン変更などの細かい設定などがめんどくさいので僕はこちらを使っていますので参考にしてみてください。

サイトマップを作ってサイトを見やすくしよう(PS Auto Sitmap編)

 

Multibyte Patchは初心者でも簡単最適化プラグイン

WP Multibyte Patchとは日本語版WordPressに最初からインストールされているプラグインです。

何をしてくれるプラグインかと言えば

  • 検索の全角スペースを半角スペースと同じように認識させている
  • マルチバイト文字が含まれるファイル名のアップロードに対応させる
  • 投稿画面の文字数カウントを正常化
  • ピンバック、トラックバックの最適化
  • メールの文字列の最適化

他にもバックグラウンドでいろいろしてくれてます。何に役立つかは知らなくても大丈夫ですが、常に最新にしておいた方がいいプラグインですので、アップーデートのお知らせがあった時は早めに実行しましょう。

WP Multibyte Patchの使い方

 

もしもデフォルトで入っていなかったら基本設定にあるプラグインから新規追加で、インストールしてください。

有効化するだけで使えます。

他にも入れておいた方がいいプラグインはたくさんありますので気になる記事があれば探してください。当ブログに載せているプラグインは全部僕も使っています。

Yet Another Related Posts Plugin(YARPP)を設定して関連記事を表示しよう。

WordPressで関連記事を自動で表示してくれるプラグイン、

「Yet Another Related Posts Plugin」通称YARPPの使い方を紹介します。

YARPPを入れて、関連記事を出すことによってブログ内の回遊率が上がるため
ブログの滞在時間を長くする効果が期待できるのでぜひ入れておきましょう。
YARPP(Yet Another Related Posts Plugin)のインストール方法

インストールは、管理画面の「プラグイン」から検索して行います。

 

Yet Another Related Posts Pluginと検索してインストールして有効にしましょう。

 

基本設定画面の設定にYARPPが追加されますので、そこから設定を
していきましょう。

 

YARPP(Yet Another Related Posts Plugin)の設定

プラグインを有効化しただけでも、記事の下に関連記事が表示されますが、
情報が少なくデータがないサイトですと、デフォルトの設定では「No Related Posts」と
表示されることが多いので設定していきます。

 

基本設定画面の設定からYARPPをクリック

 

フィルター設定

まず最初に、表示させたくない記事の設定ができます。

関連記事に表示させたくないカテゴリーやタグがある場合は、チェックを入れましょう。

 

関連スコア設定

次に、関連スコアの設定です。このスコアーですがここを高くすると、判定が厳しくなり表示されなくなります。また「検討する」「検討しない」「検討する(重要視)」に別れており、どの部分から関連記事を指定するか決めることが出来ます。(デフォルトでは選択できません)

まだ情報や記事が少ない(50記事未満)場合はスコアを1~2にしておくのがいいでしょう。

表示設定ウェブサイト用

次に表示設定の説明をしていきます。

 

自動で関連記事を表示する

 

自動で関連記事を表示させたい場所にチェックを入れます。
取りあえずは、記事ページに表示したい場合は、「投稿」にチェックを入れてください。

任意の場所に設置したい場合

自分で任意の場所に設定する場合、下記のPHPタグを使い、
「外観」から「テーマ編集」を開いて、index.php(トップページ)やsingle.php(記事ページ)のソースに直説、記入してください。

<?php related_posts(); ?>

 

表示スタイルを選択する

リストタイプと画像タイプを選択することができます。

 

表示ソースを指定する

 

デフォルト状態では、
関連記事表示を囲むタグ: 「<p>Related posts:</p><ol>」 「</ol>」になってますが、各テンプレートの特殊スタイルタグや見出しで装飾可能です。

抜粋を表示

 

抜粋を表示にチェックを入れることで、説明文を挿入することが可能です。

その他の項目

 

関連記事が見当たらないときの表示メッセージを指定できます。

 

表示設定(RSS/Atom)フィード用

 

関連記事はブログの画面だけではなくRSSフィードにも表示させることができます。表示させたい場合は「自動的にフィードで関連記事を表示する」にチェックをして、ログ記事に表示する場合と同じようにどのように表示するのかの設定画面が表示されます。必要に応じて設定を変更して下さい。

関連記事を表示してくれるYet Another Related Posts Plugin(YARPP)プラグインの使い方についての解説でした。適切な関連記事が表示されることによってブログ内の回遊率が上がることが期待できるので。是非入れときましょう!