シリウスで(SIRIUS)サイトレイアウトが崩れる原因と解決法

シリウスを使っていると、作成途中でプレビューで確認ししたときに、

あれ?なんかずれとるな?

あら、サイドバーが無くなってる!

などのトラブルが起きることがあります。

最初は僕もあせりましたが、気が付けば簡単なんですが、解決法を備忘録として書いておきます。

まず、レイアウトが崩れている画像はこんな感じです。

ねっ!ずれてるでしょ(笑)これは1カラムなんでグローバルメニューがずれてますが、2カラムや3カラムの場合はサイドバーがずれたりします。

他のページは大丈夫なのにある1ページがレイアウトが崩れていたり、テンプレートを変えてもやっぱりずれてしまいます。

ズバリこの原因は!!

犯人はdivタグの閉じ忘れ

レイアウトが崩れてしまう原因はdivタグの閉じ忘れです。

シリウスの便利機能のポイントタグやボックスタグなどを使って記事を編集していると「<div>~</div>」のタグが用いられます。これを多用して編集していると<div>の消し忘れがおこることがあります。

今回は説明用にわざと<div>タグを入れて説明しています。

上記の部分に1カ所わざと入れています。こいつが原因でレイアウトが崩れることがほとんどです。こいつを消してやることで崩れは解消します。

タグチェック機能を使おう

シリウスには便利なタグチェック機能が付いていますので、いちいち探す必要はありません(^-^)

レイアウトが崩れるページのサイト作成画面の上で右クリックすると「タグチェック」が表示されます。

これを選択すると次のような画面が出てきます。

divタグを閉じ忘れていると、上記の注意書きが表示されますので、そのページ内にあるdivタグを消してみましょう。

全てのページが崩れている場合

上記とは別にすべてのページが崩れている場合はフリースペースなどのdivタグの閉め忘れが考えられますが、フリースペースには、タグチェック機能がありませんので、使用中のフリースペースを1つづつ調べてみましょう。

またテンプレートのHTMLを弄ってしまって、レイアウトが崩れてしまう場合は、ミスった個所が自分で見つけれないなら、テンプレートの再適用しましょう。

テンプレートの再適用は、サイト全体設定からテンプレートを再度選びなおしてください。


この場合カスタマイズした個所はクリアされますので、カスタマイズがかなり進んでいるならHTMLとCSSをメモ帳などに貼り付けてバックアップしておきましょう。

テンプレートの再適用しても、今まで書いた記事や画像などはそのままですので安心してください。

以上がレイアウトが崩れた時の原因と解決法でした(^^)

Black Studio TinyMCE Widgetでウィジェットでもビジュアルエディター

Black Studio TinyMCE Widgetとは

Black Studio TinyMCE Widgetは、ウィジェットの中でビジュアルエディターが使えるようになるプラグインです。
通常の場合、ウィジェットにテキストやHTMLを書き込む時に、テキストウィジェットを利用して直接作成します。これが、、このプラグインを利用すると、記事編集画面と同じビジュアルエディタをウィジェットの中で利用できるようになります。ビジュアルエディターからテキストエディタ(HTMLモード)に切り替えることも可能です。

HTMLや画像を貼りつけたりが苦手な方にはすごく便利なプラグインです。

Black Studio TinyMCE Widgetのインストール

 

左の基本画面から「プラグイン」⇒「新規追加
Black Studio TinyMCE Widgetを検索してインストールして有効化しましょう。

有効化するだけでOK

 

プラグインの使い方

 

WordPress管理画面 → 外観 → ウィジェット → ビジュアルエディター

使い方は簡単です。今まではテキストウィジェットでプロフィールやアフィリエイト商品などを作成していたと思いますが、それをビジュアルエディターに変えるだけです。

 

下記画像のように記事編集と同じように作成できますので、HTML作成や画像の添付などが苦手な方は便利に使えると思います。

以上でBlack Studio TinyMCE Widgetの使い方は終了です。

記事作成時のビジュアルエディターを便利にするプラグインの紹介もしていますので気になる方はお読みください。

他にもたくさん便利なプラグインを紹介しています。
いつもご覧いただきありがとうございます。