シリウスで(SIRIUS)サイトレイアウトが崩れる原因と解決法

シリウスを使っていると、作成途中でプレビューで確認ししたときに、

あれ?なんかずれとるな?

あら、サイドバーが無くなってる!

などのトラブルが起きることがあります。

最初は僕もあせりましたが、気が付けば簡単なんですが、解決法を備忘録として書いておきます。

まず、レイアウトが崩れている画像はこんな感じです。

ねっ!ずれてるでしょ(笑)これは1カラムなんでグローバルメニューがずれてますが、2カラムや3カラムの場合はサイドバーがずれたりします。

他のページは大丈夫なのにある1ページがレイアウトが崩れていたり、テンプレートを変えてもやっぱりずれてしまいます。

ズバリこの原因は!!

犯人はdivタグの閉じ忘れ

レイアウトが崩れてしまう原因はdivタグの閉じ忘れです。

シリウスの便利機能のポイントタグやボックスタグなどを使って記事を編集していると「<div>~</div>」のタグが用いられます。これを多用して編集していると<div>の消し忘れがおこることがあります。

今回は説明用にわざと<div>タグを入れて説明しています。

上記の部分に1カ所わざと入れています。こいつが原因でレイアウトが崩れることがほとんどです。こいつを消してやることで崩れは解消します。

タグチェック機能を使おう

シリウスには便利なタグチェック機能が付いていますので、いちいち探す必要はありません(^-^)

レイアウトが崩れるページのサイト作成画面の上で右クリックすると「タグチェック」が表示されます。

これを選択すると次のような画面が出てきます。

divタグを閉じ忘れていると、上記の注意書きが表示されますので、そのページ内にあるdivタグを消してみましょう。

全てのページが崩れている場合

上記とは別にすべてのページが崩れている場合はフリースペースなどのdivタグの閉め忘れが考えられますが、フリースペースには、タグチェック機能がありませんので、使用中のフリースペースを1つづつ調べてみましょう。

またテンプレートのHTMLを弄ってしまって、レイアウトが崩れてしまう場合は、ミスった個所が自分で見つけれないなら、テンプレートの再適用しましょう。

テンプレートの再適用は、サイト全体設定からテンプレートを再度選びなおしてください。


この場合カスタマイズした個所はクリアされますので、カスタマイズがかなり進んでいるならHTMLとCSSをメモ帳などに貼り付けてバックアップしておきましょう。

テンプレートの再適用しても、今まで書いた記事や画像などはそのままですので安心してください。

以上がレイアウトが崩れた時の原因と解決法でした(^^)

シリウスにアドセンスを貼る方法

シリウス(SIRIUS)にアドセンスを貼る方法 

多分、初めてシリウスに導入しようとすると上手く表示されないことが多いと思いますので、やり方を説明しておきます。

 

シリウスでアドセンスを貼るにはnoreturnタグを利用する

 

シリウスでは編集画面に文字列を書くと、デフォルトでは自動で改行される仕様になっています。

 

 

この設定は余程の事情が無い限り変更する事はありません。

 

この状態でそのままアドセンスコードを貼ると、プレビューやサイト生成した際にpタグが自動付加されてしまうので、アドセンスが表示されません。

こういう場合は改行無視エリア(noreturn)タグを付加します

アドセンスコードを選択したら
右クリック > タグ挿入 > 改行無視エリア を選択しましょう。

 

すると、アドセンスコードの上下に<noreturn>タグが付加されます。この「タグの範囲は改行しませんよ」という意味です。アドセンスコードに限らず、ブログパーツやウィジェットなどを導入する際でも、この<noreturn>タグを利用すると解決します。

 

アドセンスをスッキリ表示させたい場合はモジュール設定しよう

アドセンスコードは文字列が長いですし、HTMLコードの中に混ざると判別しづらくなる事があります。

こういう場合はアドセンスコードをモジュール設定してしまうことをお勧めします。

サイト全体設定 > モジュール設定 を選択し、新規追加をクリックします。

モジュール名はわかりやすく「アドセンス記事中」などにしておくといいと思います

アドセンスの上部には

<span style=”font-size:14px” class=”lbg”>スポンサーサイト</span><br/>
<noReturn>
アドセンスコード
<noReturn>

コピペして入れておきましょう!

「改行タグを挿入しない」にチェックを入れていればnoreturnタグを付加する必要はありませんが、シリウスはバージョンアップ時にたまにバグる為、何があっても良いように僕は念のために<noreturn>タグを付加しています。

これでOKをクリック。画面が変わったらもう一度OKをクリック!

 

シリウスの編集画面上で右クリック >モジュールの設定を選択すると、先ほど設定したアドセンスのモジュールが使えるようになります。

モジュール設定を利用することで、アドセンス挿入箇所の表記がこのようにスッキリさせることが出来ます。

以上、シリウスにアドセンスを貼る方法でした。