XSERVER

10分で出来るXSERVERの申し込み方法

投稿日:2019年1月4日 更新日:

 

サイト作成には「レンタルサーバー」が必要です。

レンタルサーバーにも様々な特徴がありますが、ここでは高機能でサーバーの安定性が高くアフィリエイターにも人気の「XSERVER」の最短申し込み方法を図解入りで分かりやすく解説します。

 

ブログやアフィリエイトを始めるならXSERVERは失敗しないサーバーだよ!

 

10分で出来る!XSERVERの申し込み方法

 

【1】XSERVERの申し込み

まずは、XSERVERトップページ を開きましょう。

画面右の「お申し込みはこちら」赤枠で囲んだボタンをクリックして先に進みます。この時は新年のキャンペーン中でした。

 

【2】新規お申し込み

「新規お申し込み」をクリックしてサーバーIDを作りましょう。

 

【3】サーバーIDとプラン

サーバーIDとプランを決めましょう。

ここで決めたIDを元に初期ドメイン(○○○.xsrv.jp)が決まりますが、別で独自ドメインを取得して運用するため、このドメインは使わないので、基本IDはお好みの文字列で作成して構いません。

あまり気にせず先に進みましょう。

 

プランは「X10」を選びましょう。

X10、X20、X30の違いは「サーバー容量」「MySQLの数」「転送量」です。処理速度などはどれを選んでも変わりません。

プラン変更は後からでも可能です。ここでは「X10」を選びましょう。

 

【4】会員情報の入力

次に会員情報を入力しましょう。

ここで入力する「メールアドレス」はきちんと受け取れるものにしてください。アカウント情報やその他メンテナンス、更新情報などが送られてきます。

記入が終わったら、確認画面に進みましょう。

 

【5】登録申し込み

内容に間違いがなければ「お申し込みをする」をクリックしましょう。入力した「メールアドレス」にサーバーアカウント設定完了のお知らせメールが届きます。

ログイン情報などが書かれていますので大切に保管しましょう。

メールを確認したらそのままエックスサーバー サービスサイトへ移動しましょう。

 

【6】XSERVERにログインする

送られてきたユーザーアカウント情報を入力しログインしましょう。

エックスサーバーのログイン画面はこちらから

 

【7】料金の支払い設定

XSERVERにログインしたら、「料金のお支払い」の設定をしておきましょう。

無料期間のまま使って、支払いを忘れてしまうと最初からすべてやり直しになります。

支払い設定は済ませておきましょう。

【7-1】支払いサーバーを選ぶ

サーバー一覧に使用中のサーバーがあります。チェックを入れて支払方法を選択しましょう。

 

【7-2】支払いはカード払いがおススメ

料金の支払い方法は全部で4種類です。おすすめはクレジットカード払いです。

クレジットカード入力時に「自動更新設定を行う」にチェックを入れておくと、うっかり更新を忘れてサーバーが止まってしまうことも無いので便利です。

 

【7-3】その他の支払い方法

クレジットカード払い以外の方法は、「銀行振込」「コンビニ決済」「ペイジー決済」です。

ご自身の使いやすい支払方法を選びましょう。

 

XSERVERの申し込み方法まとめ

以上がXSERVERの申し込み方法です。

あとはドメイン(あなたのサイトURL)を用意してXSERVERに設定するとサイトを表示できるようになります。

ドメインはXSERVER内でも買えますが、初期購入費用、更新費用は少し高めですので、「お名前.com」「Xdomain」で購入しましょう。

今後ほかのサーバーを使うときなどにドメインの登録は必ず経験することになりますので、この機会に覚えておきましょう。

 

サイト・ブログを作成しよう!

Copyright© アフィリエイト小僧 , 2019 All Rights Reserved.